メニュー閉じる

じぞくかのうなかいはつ【持続可能な開発】

環境保全(かんきょうほぜんをしながら,現在(げんざい将来(しょうらい人々(ひとびと(ゆたかな生活(せいかつ(おくれるように開発(かいはつ持続(じぞくさせようとする(かんがえ。持続可能(じぞくかのう発展(はってんともいう。産業(さんぎょう発達(はったつにともなって環境(かんきょう悪化(あっか深刻(しんこくになったことから1980年代後半(ねんだいこうはん提唱(ていしょうされ,1992年の国連環境開発会議(こくれんかんきょうかいはつかいぎ地球(ちきゅうサミット)の基本理念(きほんりねんとなった。この(かんがえのもと,リオ宣言(せんげんやアジェンダ21,気候変動枠組条約(きこうへんどうわくぐみじょうやくなどが採択(さいたくされ,二酸化炭素排出削減(にさんかたんそはいしゅつさくげん生態系(せいたいけい保全(ほぜん森林保護(しんりんほごなどの((みが(すすめられている。持続可能(じぞくかのう社会(しゃかい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP