メニュー閉じる

しそちょう【始祖鳥】

中生代ジュラ(生存(せいぞんしていた鳥類(ちょうるいとは虫(るいの中間(がたとみられる化石動物。現在(げんざいまでに知られている(もっとも古い鳥。20((ほねからなる長い(がある,前脚(まえあしにつめのついた3本の指がある,上下のあごの(ほねに細かな歯がならんでいるなど,は虫類的特徴(るいてきとくちょうと,体全体に羽毛がある,前脚(まえあしが長羽のついた(つばさになっている,鎖骨(さこつや後ろ(あし(ほね現在(げんざいの鳥に近い構造(こうぞうをしているなど,鳥類的特徴(ちょうるいてきとくちょうをもつ。大きさはカラスとハトの中間くらいである。

コーチ

胸骨(きょうこつ発達程度(はったつていどからみると,(ぶとはいっても,高い所から(ひくい所へ滑空(かっくうするくらいしかできなかったと考えられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP