メニュー閉じる

したじちゅうぶん【下地中分】

鎌倉(かまくら時代後期,荘園(しょうえん年貢(ねんぐや土地支配(しはいをめぐる荘園(しょうえん領主(りょうしゅ地頭(じとう間の紛争解決(ふんそうかいけつのために行われた土地の分割(ぶんかつ荘園領主(しょうえんりょうしゅ地頭(じとうの間で,収益(しゅうえき対象(たいしょうとなる荘園(しょうえん下地(したじ(土地)を半分ずつ,または2:3などに分けて,たがいにおかさないことを約束(やくそくした。

コーチ

この結果(けっか地頭(じとう完全(かんぜん支配(しはいする土地を(たことになり,武士(ぶし荘園侵略(しょうえんしんりゃくはいっそう進んだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP