メニュー閉じる

しちょっけい【視直径】

角度で表した天体の直径(ちょっけい視直径(しちょっけいは天体の実直径(ちょっけいが大きいほど,また距離(きょりが近いほど大きい。惑星(わくせいは人間の目の角分解能(かくぶんかいのうの1分角より小さく,肉眼(にくがんでは点状(てんじょうにしか見えない。距離(きょりの遠い恒星(こうせいは1秒角よりはるかに小さいが,干渉(かんしょう計による観測(かんそくによって視直径(しちょっけい測定(そくてい可能(かのうになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP