メニュー閉じる

じっすう【実数】

有理数(0と分数で表せる数)と無理数(むりすう(やなど小数で表したとき無限(むげん小数になる数)をあわせて実数という。実数は,数直線において,単位(たんいの長さを適当(てきとうにきめると,この直線に目もることができる。実数は,どのように大きい数も,どのように小さい数も考えられ,その数は無限(むげんにある。

コーチ

実数を数直線の点で表すと,数直線は実数の点ですきまなくうめられる(これを実数のちゅう密性(みつせいという)。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP