メニュー閉じる

じとうてんのう【持統天皇】

(645〜702)飛鳥(あすか時代の女帝(じょてい在位(ざいい690〜697)。天智天皇(てんじてんのう皇女(こうじょ天武天皇(てんむてんのう皇后(こうごうで,天皇(てんのう皇太子草壁皇子(こうたいしくさかべのおうじがあいついで(ぼっしたため即位(そくい改新政治(かいしんせいじをひきつぎ飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう制定(せいてい藤原京(ふじわらきょう造営(ぞうえいなど,律令(りつりょう国家の建設(けんせつにつとめた。また仏教(ぶっきょう保護(ほごし,薬師寺(やくしじをたてさせた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP