メニュー閉じる

しなのこく【信濃国】

長野(ながの県の(きゅう国名。東山道の1国。国府(こくふ国分寺(こくぶんじは今の上田(うえだ市におかれたが,国府(こくふはのちに松本(まつもと市にうつった。略称(りゃくしょう信州(しんしゅう」。平安時代中ごろより源氏(げんじ(けい武士(ぶし勢力(せいりょくをふるい,鎌倉(かまくら時代には源頼朝(みなもとのよりとも知行(ちぎょう国。戦国(せんごく時代末期(まっきには武田(たけだ上杉両氏(うえすぎりょうし侵入(しんにゅう川中島(かわなかじま(たたかいが行われた。江戸(えど時代には10(ぱん内外の小藩(しょうはんがおかれ,廃藩(はいはん・国(がえが多かった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP