メニュー閉じる

しぶさわえいいち【渋沢栄一】

(1840〜1931)明治(めいじ・大正時代の実業家。武蔵(むさし豊里(とよさと村(今の埼玉(さいたま深谷(ふかや市)の大地主の家に生まれ,一時幕府(ばくふに仕え,幕府(ばくふ使節(しせつとともにフランスにわたって見聞を広め,先進国の産業(さんぎょう経済(けいざい政治制度(せいじせいどに深い関心(かんしんをいだいて帰国。明治(めいじ政府(せいふでは,大蔵省(おおくらしょうの役人として租税(そぜい貨幣(かへい・鉄道・銀行などの新制度(しんせいど準備(じゅんびにつとめた。1873(明治(めいじ6)年に役人をやめて,実業界に入り,日本最初の銀行である第一国立銀行,王子製紙(おうじせいし大阪紡績(おおさかぼうせきなどをおこした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP