メニュー閉じる

シベリアきだん【シベリア気団】

冬にシベリア高気圧(こうきあつ内に発生する気団(きだん。ひじょうにつめたく,乾燥(かんそうした気団(きだんで,真冬には北西季節(きせつ風として日本に流入することが多い。発源(はつげん地では安定しているが,日本海上に移動(いどうすると,海面から(ねつと水分を供給(きょうきゅうされて変質(へんしつ不安定(ふあんていになり,日本海(がわ多量(たりょうの雪をふらせる。山脈(さんみゃくをこえてふきおりると乾燥(かんそうし,太平洋(がわに晴天をもたらす。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP