すいあつき【水圧器】

パスカルの原理を応用(おうようして,小さい力から大きい力を(機械(きかい。イギリスのブラマーによって発明された。直径(ちょっけいの大きい(つつと小さい(つつとが(かんでつながり,水が入っていて,小さいほうに力をくわえると,大きいほうの(つつ断面積(だんめんせきの大きさに比例(ひれいした力がくわわる。水のかわりに油を用いたものを油圧器(ゆあつきという。◇プレス作業用,(こう鍛造(たんぞうなどに利用(りようされている。

PAGETOP