*すいえき【〈膵〉液】

すい(ぞうでつくられ,十二指腸(じゅうにしちょうに開口する(かん(すい(かん)によって運ばれる消化(えき。アルカリ(せい(から送られてきた食物を,中和する(はたらきをもつ。各種(かくしゅの消化酵素(こうそをふくんでいる。炭水化物分解酵素(ぶんかいこうそとしてアミロプシン(すい(えきアミラーゼ)・マルターゼ,タンパク質分解酵素(しつぶんかいこうそとしてトリプシン・ペプチダーゼ,脂肪分解酵素(しぼうぶんかいこうそとしてステアプシン(すい(えきリパーゼ)など。

PAGETOP