すいかんぶんせき【吹管分析】

一端(いったんがろうと(じょうで,他端(たたんは直角に曲げられ,しかも少しずつ細くなっている細管(さいかんをそなえた金属製(きんぞくせい(かんを「吹管(すいかん」とよび,ろうと(じょうの部分に口をつけ,バーナーなどの(ほのおを木炭上の鉱物(こうぶつにふきつけ,酸化(さんかあるいは還元(かんげんさせて定性分析(ていせいぶんせきを行う方法(ほうほうをいう。

PAGETOP