スイギュウ【〈水牛〉】

湖や(ぬまのある草原に大きな(れをなして生活する動物。アジアスイギュウともいう。おもに早朝と夕方に活動し,日中はよく(どろあびをする。(どろあびは,(あつさと害虫(がいちゅうをさけるためといわれる。現在(げんざい,野生のものは数が減少(げんしょうしているが,古くから家畜(かちく化され,各地(かくち飼育(しいくされている。体高:1.5〜1.8m。体重:700〜800kg。分布(ぶんぷ:野生(しゅはネパール・アッサム・ベンガル。(哺乳類(ほにゅうるい ウシ(もく ウシ(

コーチ

 アフリカのサバナにはアフリカスイギュウがすむが,性質(せいしつがあらく,家畜(かちくにはできない。

PAGETOP