すいぎんきあつけい【水銀気圧計】

水銀柱の高さによって気圧(きあつをはかる器具(きぐ。1mくらいのガラス(かんに水銀を(たし,開いた口を指でおさえ,これを水銀(そうの中にさかさに立てると,水銀はいくらか下がり,(かんの上部は真空となり,ちょうど大気の重さ,すなわち気圧(きあつとつりあった位置(いちで止まる。このときの水銀柱の高さによって気圧(きあつが知れる。この原理を利用(りようして,もち運ぶことができるようにした気圧(きあつ計が,フォルタン(がた水銀気圧(きあつ計で,気圧観測(きあつかんそく用として広く用いられる。◇水銀柱は中央部が凸面(とつめんにもりあがるので,凸面(とつめん(しめす目もりを読む。

PAGETOP