すいこう【水孔】

葉のへりにある葉脈(ようみゃく末端(まったんにあいている(あな。空中湿度(しつどが高くて蒸散(じょうさんがおさえられているとき,根からの吸水量(きゅうすいりょうが多ければ,水は水蒸気(すいじょうきにならず水滴(すいてき状態(じょうたいで,水孔(すいこうからおしだされる。風のない夏の朝などに生じる,いわゆる草の(つゆはこれである。

PAGETOP