すいこう【推敲】

詩や文を書きあげるとき,字句(じくを何度も練りなおすこと。(とうの詩人賈島(かとうが「(そう(す月下の門」の(をつくったが,「(す」を「(たたく」に直すべきかどうかまよい,当時の高名な詩人韓愈(かんゆに相談して,やっと「(たたく」にきめたという故事(こじに由来する。

PAGETOP