すわたいしゃ【諏訪大社】

長野(ながの県にある日本最古(さいこの神社の1つで,「お諏訪(すわ信仰(しんこう」の(そう本社。諏訪(すわ大社は2社4宮からなる。諏訪(すわ湖をはさんで南に建御名方命(たけみなかたのみことをまつる上社(かみしゃ,北にその后神八坂刀売命(きさきがみやさかとめのみことをまつる下社(しもしゃが向かいあっている。上社(かみしゃには本宮(ほんぐう諏訪(すわ市)と前宮(茅野(ちの市)があり,下社には春宮(はるみや秋宮(あきみや下諏訪(しもすわ町)がある。諏訪(すわ大社は「諏訪(すわ神社」「諏訪明神(すわみょうじん」とあがめられ,全国に1万あまりの分社をもつ。7年に1度行われる「御柱祭(おんばしらさい」が有名。→御柱祭(おんばしらさい

PAGETOP