スンウェン【孫文(そんぶん)】

(1866〜1925)中国,辛亥革命(しんがいかくめい指導(しどうした革命(かくめい家。号を中山(チュウシャンという。

革命(かくめい運動〕

 広東省(コワントンしょう中山(チュウシャン県のまずしい農家に生まれた。12(さいで兄をたよってハワイにわたり,5年後に帰国して広州(コワンチョウ香港(ホンコンで医学を学んだ。1894年,同志(どうし興中(きょうちゅう会をつくって革命(かくめいをめざし,各地(かくち武力闘争(ぶりょくとうそうを計画し,失敗(しっぱい亡命(ぼうめいをくりかえした。1905年,日本の東京(とうきょうで中国革命同盟(かくめいどうめい会を結成(けっせい,また運動の目標(もくひょうとして「民族(みんぞく」「民権(みんけん」「民生」の三民主義(さんみんしゅぎをかかげた。

辛亥革命以後(しんがいかくめいいご

 1911年に辛亥革命(しんがいかくめいがおこると帰国,翌年(よくねん1月中華民国(ちゅうかみんこく臨時大総統(りんじだいそうとう就任(しゅうにん。2月,(しん朝をたおすため軍閥(ぐんばつ袁世凱(ユワンシーカイ地位(ちいをゆずったが,まもなく袁世凱の専制政治(せんせいせいじに反対する運動をおこし,失敗(しっぱいして亡命(ぼうめい。1919年の五・四運動のもりあがりを見てから,大衆的(たいしゅうてきな運動をめざして中国国民党(こくみんとうをつくり,中国共産党(きょうさんとうと手をつないだ(国共(こっきょう合作)。◇当時5(おくの中国民衆(みんしゅうをまとめ,民族(みんぞく統一(とういつし,封建勢力(ほうけんせいりょくをたおそうとしていたが,「革命(かくめいいまだならず」の言葉をのこして病死した。南京(ナンキンにある孫文(スンウェン(はかは「中山(りょう」とよばれ,参拝(さんぱい者がたえることはない。

PAGETOP