メニュー閉じる

せいかく【精核】

雄性配偶子(ゆうせいはいぐうし(かく。動物では精子(せいし(かく被子(ひし植物では,花粉管(かふんかん内で生殖核(せいしょくかく分裂(ぶんれつした2((かくのことで,精細胞(せいさいぼうということもあり,一方は(らんと合体して(はいに,もう一方は2(極核(きょくかくと合体して3倍体の胚乳(はいにゅうとなる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP