たいおんちょうせつ【体温調節】

恒温(こうおん動物が外界の温度にかかわらず,体温をほぼ一定にたもつこと。汗腺(かんせんをもつ哺乳類(ほにゅうるいでは,発汗(はっかん重要(じゅうよう役割(やくわりをはたす。暑さに対する調節(ちょうせつとしては,皮膚(ひふの毛細血管(けっかんを広げて血流(りょう増加(ぞうかさせたり,筋肉(きんにく緊張(きんちょうをゆるめたりして,体熱(たいねつの発生をおさえる。寒さに対する調節(ちょうせつとしては,皮膚(ひふの血流(りょう減少(げんしょうさせたり,筋肉(きんにく収縮(しゅうしゅくさせたりして体熱(たいねつを発生させる。

コーチ

 これらの調節(ちょうせつは,間脳(かんのう視床(ししょう下部にある体温中枢(ちゅうすうによって反射的(はんしゃてきに行われる。

PAGETOP