ターミナルケア

末期(まっきがんなどにおかされて死期のせまった患者(かんじゃに対する看護(かんご介護(かいごのこと。終末医療(しゅうまついりょう終末(しゅうまつケアともよばれる。延命(えんめい目的(もくてきではなく,患者(かんじゃの肉体(てき苦痛(くつう精神的(せいしんてき苦痛(くつう軽減(けいげんする緩和(かんわケアを行い,人生の最後(さいごの時間を安らかに尊厳(そんげんをもって終われるようにするのが目的(もくてき。ターミナルケアのための施設(しせつ看護(かんごシステムのことをホスピスとよぶ。専門施設(せんもんしせつや病院内の緩和(かんわケア病棟(びょうとう医師(いしと家族が連携(れんけいして在宅(ざいたくでも行われる。

PAGETOP