メニュー閉じる

*たやまかたい【田山花袋】

(1871〜1930)明治(めいじ・大正時代の小説(しょうせつ家。群馬(ぐんま県に生まれる。困窮(こんきゅうのなかで文学にこころざし,はじめ叙情的(じょじょうてき感傷的(かんしょうてきな詩や小説(しょうせつを書いていたが,モーパッサンなどの影響(えいきょう現実(げんじつを見る目を深めた。1907(明治(めいじ40)年の『蒲団(ふとん』は,愛欲(あいよくに苦しむ自己(じこのすがたをさらけだして,現実暴露(げんじつばくろ自己告白(じここくはくという写実主義的(しゅぎてき私小説(わたくししょうせつの道を開き,自然主義(しぜんしゅぎ運動の中心に立って活躍(かつやくした。作品に『(せい』『(つま』『田舎教師(いなかきょうし』などの小説や,『近代の小説』『東京の三十年』などの評論(ひょうろん随筆(ずいひつがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP