メニュー閉じる

だんいくま【團伊玖磨】

(1924〜2001)オペラ『夕鶴(ゆうづる』のほか交響(こうきょう曲,多数の歌曲で知られる作曲家。東京(とうきょう生まれ。小学校在学(ざいがく中からピアノを習い,中学2年生のときはじめてピアノ曲を書いた。1945年東京(とうきょう音楽学校(現東京芸術(げんとうきょうげいじゅつ大学)(そつ。1950年『交響(こうきょう曲イ調』でNHK管弦(かんげん楽曲募集(ぼしゅう入賞(にゅうしょう。1952年オペラ『夕鶴(ゆうづる』が毎日音楽(しょうを受けた。ほかに,交響曲(こうきょうきょく『シルク=ロード』童謡(どうよう『ぞうさん』『おつかいありさん』などがよく知られる。1966年以後(いごの『パイプのけむり』などの随筆(ずいひつ好評(こうひょう。1966年芸術院賞受賞(げいじゅついんしょうじゅしょう。◇皇太子徳仁親王(こうたいしなるひとしんのう結婚(けっこんにさいして,『新祝典(しゅくてん行進曲』を作曲した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP