メニュー閉じる

だんさい【段彩】

地形図に表現(ひょうげんされた地形を立体的(りったいてきに受けとめやすいように,その高度に(おうじて,等高線を(さかいめに色をぬり分けること。平野部に黄緑色,山ろくが黄色,山地は茶色系統(けいとうで,高くなるほどこい色に配色することが多い。このようにぬり分けた地図を「段彩(だんさい図」という。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP