メニュー閉じる

たんじょう【誕生】

ヒトや動物の子どもが,新しい生命として生まれてくること。動物には,(たまごで生まれ,その(たまごから子が出てくるものと,ヒトと同じように,親と(た形の子どもが直接(ちょくせつ生まれてくるものとがある。いずれの場合も,(おす精巣(せいそうでつくられた精子(せいしによって(めす卵巣(らんそうでつくられた(たまご卵子(らんし)が受精(じゅせいし,その受精卵(じゅせいらん成長(せいちょう発達(はったつして,子の体がつくられる。生まれ出るまでの子は,(たまごで生まれるものは(たまごの中の養分(ようぶんをつかって育ち,親と(た形で生まれるものは母親から養分(ようぶんをもらって育つ。

〔ヒトの誕生(たんじょう

 受精卵(じゅせいらんは,母親の子宮(しきゅうの中で,へその(を通じて母親から養分(ようぶんをもらいながら育っていく。受精(じゅせい後,30日目ぐらいで心臓(しんぞうが動きはじめ,60日目ぐらいで小さいヒトの形となり,85日目ぐらいで男女の区別(くべつがつくようになり,210日目ぐらいでふつう頭が下になり,280日目ぐらいに生まれてくる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP