メニュー閉じる

**たんしようるい【単子葉類】

種子(しゅし植物(もん 被子(ひし植物亜門(あもんのうち,子葉を1(まいもつもの。単子葉(たんしよう植物(こうのこと。双子葉類(そうしようるいの対語。

単子葉類(たんしようるいの体の特徴(とくちょう

 葉は平行(みゃくがふつうである。(くき維管束(いかんそくは全体にちらばっている。(はい幼根(ようこん発達(はったつせず,多くのひげ根がでる。花を構成(こうせいするがく・花弁(かべん・おしべ・めしべなどは,3または,その倍数が多い。イネ科やカヤツリグサ科の花はがくや花弁(かべん退化(たいかし,えいとよばれる(ほうにつつまれる。

コーチ

 草本が圧倒的(あっとうてきに多く,ヤシ科やユリ科などに少数ある木本も,形成層(けいせいそうがないので,年々太くなることはないし,年輪(ねんりんもできない。

双子葉類(そうしようるいとの類縁関係(るいえんかんけい

 単子葉類(たんしようるいにはラン科のように高度に進化したものがあり,双子葉類(そうしようるいには割合(わりあい原始的(げんしてきなものも多い。しかし,単子葉類(たんしようるい双子葉類(そうしようるいから進化してきたわけではない。単子葉類(たんしようるいにも,オモダカやトチカガミなど,おしべやめしべがらせん(じょうにならんだり,道管(どうかんをもたないものがある。このことから,単子葉類(たんしようるいは,双子葉類(そうしようるい共通(きょうつう祖先(そせんから分化して生じたと考えることができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP