だんりゅうこうぞう【団粒構造】

土の粒子(りゅうしが集合して粒団(りゅうだんになっている土壌(どじょう状態(じょうたいをいう。大小さまざまのすきま((こうげき)があるので,空気の通りや水の浸透(しんとう保持(ほじがよい。また,微生物(びせいぶつの活動がさかんで,作物への養分(ようぶん供給(きょうきゅう順調(じゅんちょうであり,雨水の吸収(きゅうしゅうははやく,土壌(どじょう侵食(しんしょくに対する抵抗性(ていこうせいも大きい。

PAGETOP