たんりょうたい【単量体】

重合体に対する語。(てい分子(りょうの分子で,同種(どうしゅまたは異種(いしゅの分子と反応(はんのうして重合体を生成(せいせいできるもの。モノマーともいう。縮合(しゅくごう重合体を合成(ごうせいするときは異種(いしゅの分子間で縮合(しゅくごうがおこるが,それぞれの出発物をモノマーという。たとえば,6.6-ナイロンの場合の単量(たんりょう体は,ヘキサメチレンジアミンとアジピン(さんである。天然(てんねん高分子物質(ぶっしつでは基本単位(きほんたんいとなる化合物をさすことがある。たとえば,デンプンの単量(たんりょう体はD-グルコース。

PAGETOP