メニュー閉じる

チアノーゼ

皮膚(ひふおよび外から見える粘膜(ねんまくが,貧血(ひんけつしてまっさおになる症状(しょうじょう。毛細血管(けっかんおよび静脈(じょうみゃくを流れる血液(けつえき酸素(さんそ減少(げんしょう二酸化炭素(にさんかたんそ増加(ぞうかがいちじるしいためである。心臓(しんぞう,とくに右心室の疾患(しっかんや,肺結核(はいけっかく肺気(はいきしゅ,子どもでは気管支炎(きかんしえん・百日ぜき・ジフテリアなどにかかって,呼吸(こきゅう障害(しょうがいを生じたときなどにおこる。強心剤(きょうしんざい注射(ちゅうしゃしたり,酸素吸入(さんそきゅうにゅうをほどこしたりする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP