メニュー閉じる

チァンツォーミン【江沢民(こうたくみん)】

(1926〜 )中国の政治(せいじ家。日本読みで江沢民(こうたくみん上海(シャンハイ交通大学在学中に共産党(きょうさんとうに入党。卒業(そつぎょう後,モスクワ(ロシア)の自動車工場で研修(けんしゅうを受け,帰国後は長春(チャンチュンの自動車工場や機械関係(きかいかんけいの工場につとめた。1982年に党の中央委員に(えらばれ,1985年シャンハイ(上海)市長になる。1989年から始まる民主(みんしゅ化運動や天安門事件(てんあんもんじけんには反対の立場をとり,事件後は党の総書記(そうしょき就任(しゅうにん。1993年に国家主席(しゅせきとなり,小平(トンシャオピンの死後はその路線を継承(けいしょうし,市場経済(けいざいをとりいれた経済の自由化を推進(すいしんした。2003年国家主席を退任(たいにん

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP