メニュー閉じる

ちえこしょう【智恵子抄】

高村光太郎(たかむらこうたろうの詩集。1941(昭和16)年(かん。「あどけない話」「レモン哀歌(あいか」など,(つまの生前や死後の思い出をつづった詩29(へんのほか,短歌6首・散文(さんぶん3(ぺんがおさめられている。いずれも愛妻智恵子(あいさいちえこに対する深い愛情(あいじょうにつらぬかれ,読む者に強い感動をあたえる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP