メニュー閉じる

*つ【津(三重県の市)】

三重(みえ県の県庁所在地(けんちょうしょざいち伊勢(いせ平野の中部に位置(いちし,伊勢湾(いせわんにのぞむ。古くは港町,江戸(えど時代は安濃津藩藤堂氏(あのつはんとうどうし城下町(じょうかまちとしてさかえた。明治以後(めいじいご政治(せいじ・文化の中心地となり,商業都市として発達(はったつ。中京工業地帯(ちたいの一部をしめ,1969(昭和44)年にできた造船所(ぞうせんじょを中心として,電機(でんき紡績(ぼうせき・食品などの工業がさかん。タオルの製造(せいぞうは古くから行われている。農業は稲作(いなさくが中心であるが,野菜(やさいや植木の栽培(さいばいも行われている。◇2006(平成(へいせい18)年1月1日,久居(ひさい市・河芸(かわげ町・芸濃(げいのう町・美里(みさと村・安濃(あのう町・香良洲(からす町・一志(いちし町・白山(はくさん町・美杉(みすぎ村と合併(がっぺい。人口:28.1万。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP