メニュー閉じる

つうかく【痛覚】

生体の内外からの傷害刺激(しょうがいしげきを感受する感覚(かんかく(いたみの感覚(かんかく。表面痛覚(つうかく皮膚(ひふ粘膜(ねんまく分布(ぶんぷする痛点(つうてん受容(じゅようされる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP