ていおんますい【低温麻酔】

心臓(しんぞう手術(しゅじゅつをするようなときに,体をひやしたり,血液(けつえきをひやしたりして,体温を下げて麻酔(ますいをする方法(ほうほう。人体は低温(ていおんになると酸素(さんそ必要量(ひつようりょうが少なくなることを利用(りようしたもので,20℃になると酸素(さんそ必要量(ひつようりょうは20%になり,血液(けつえき中の酸素(さんそが少なくても組織(そしきは十分に生きていける。

PAGETOP