*ていきいち【定期市】

月に数回,一定の日に定期的(ていきてきに開かれた市。荘園(しょうえんの中心や寺社の門前,港や交通の要地(ようちなどに「市」が立ち,(ぜいをおさめた市場商人が商売を行った。鎌倉(かまくら時代までは月に3回開かれる三斎市(さんさいいち室町(むろまち時代には月6回開かれる六斎市(ろくさいいちが広まった。

PAGETOP