ていこうしんかせつ【定向進化説】

進化は一定の方向に変化(へんかするという学説(がくせつ。生物の種類(しゅるいごとに,特定(とくてい器官(きかんが一定方向に進化することが多い。ウマの進化の(れいでは,体がしだいに大きくなり,足の指の数が減少(げんしょうしてきた。

PAGETOP