てんりゅうじ【天龍寺】

京都(きょうと右京(うきょう嵯峨(さがにある臨済宗(りんざいしゅうの寺。京都(きょうと五山の1つ。1339年,足利尊氏(あしかがたかうじ後醍醐天皇(ごだいごてんのうのめい福をいのって創建(そうけんしたもので,夢窓疎石(むそうそせきを開山とする。庭園は史跡(しせき特別(とくべつ名勝。◇足利尊氏(あしかがたかうじ天龍寺造営(てんりゅうじぞうえいのために(げん(中国)につかわした貿易(ぼうえき船が天龍寺(てんりゅうじ船である。貿易(ぼうえき船には,損益(そんえきにかかわらず(ぜに5000(かん天龍寺(てんりゅうじにおさめることが義務(ぎむづけられた。

PAGETOP