でんりょくせんつうしん【電力線通信】

家屋やビル内に敷設(ふせつされている一般的(いっぱんてきな家庭用の交流電力配線を,コンセントを通してパソコン・周辺機器(しゅうへんきき通信(つうしん回線に利用するもの。PLC,PLTなどともよばれる。既存(きぞんの屋内配線を用いて有線LAN(ランのネットワークを簡単(かんたんにつくる方法(ほうほうとして考案(こうあんされ,コンセントにモデムをつなぎ機器(ききどうしを接続(せつぞくする。屋外配線を利用(りようしたブロードバンド通信(つうしん利用(りようも考えられたが,もともと電力線は高周波(こうしゅうは信号(しんごうを流すことが想定されていないため漏洩(ろうえい電磁波(でんじは影響(えいきょうが大きく,2006(平成(へいせい18)年,総務省(そうむしょうは屋内配線にかぎって利用(りよう(みとめた。しかし,屋内配線にかぎってみても漏洩電磁波(ろうえいでんじはの問題はあり,2MHz〜30MHzの通信(つうしん用と同一の周波数(しゅうはすう(たい利用(りようしている船舶無線(せんぱくむせん,アマチュア無線(むせん,電波天文学の関係者(かんけいしゃからは影響(えいきょうを心配する声があげられている。LAN(ラン

PAGETOP