メニュー閉じる

*とうみん【冬眠】

温帯(おんたい地方以北(いほくで,動物が寒い冬のあいだ活動を停止(ていしし,地中の(あなの中などで,ねむってすごすこと。そのあいだエネルギーの消耗(しょうもう極端(きょくたんに少なくするため,脈拍(みゃくはく呼吸(こきゅうもひじょうに少なくなり,ほとんど仮死状態(かしじょうたいとなる。カタツムリ・カエル・ヘビなど変温(へんおん動物に広く見られ,哺乳類(ほにゅうるいでもヤマネ・コウモリは冬眠(とうみんする。◇クマは厳密(げんみつな意味での冬眠(とうみんはしない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP