メニュー閉じる

とおのものがたり【遠野物語】

柳田国男(やなぎたくにお代表的著作(だいひょうてきちょさく。1910(明治(めいじ43)年(かん岩手(いわて遠野(とおの市の周辺(しゅうへんにつたわる民間信仰(みんかんしんこう怪談(かいだんなどを佐々木喜善(ささききぜんから聞き書きした民話(みんわ集で,山男・天狗(てんぐ・ザシキワラシなど想像(そうぞう上の怪物(かいぶつや神が登場し,かれらと人間との交流が,幻想的(げんそうてきにえがかれている。日本民俗(みんぞく学の先駆(せんくとなった著作(ちょさく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP