メニュー閉じる

とがりいしいせき【尖石遺跡】

長野(ながの茅野(ちの豊平(とよひらにある縄文(じょうもん時代中期の集落遺跡(いせき特別史跡(とくべつしせき八ケ岳(やつがたけ山ろくの標高(ひょうこう1050mの高所に位置(いちする集落遺跡(いせきとして貴重(きちょうなもので,60をこすたて穴住居(あなじゅうきょ(あととばく大な(りょう土器(どき石器(せっきなどが出土した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP