メニュー閉じる

*トキ【〈朱鷺・鴇・鴾〉】

全長(やく77cm。とき色(淡紅(たんこう色)の美しい羽毛をもつため,この名がある。春から夏の繁殖(はんしょく期にかけては,おす・めすともに上半身の羽毛が,薄墨(はくぼく色から黒灰(こっかい色にかわる。この色がわりは,頸側(けいそく部から分泌(ぶんぴつされる色素(しきそをくちばしで羽毛にこすりつけることによっておこる。トキだけに知られる特異(とくいな羽毛変化(へんかである。日本では,明治初期(めいじしょき各地(かくちでごくふつうに見られたが,乱獲(らんかく生息環境(せいそくかんきょうの悪化などにより急激(きゅうげきに数をへらした。日本(さんのトキは,佐渡(さどトキ保護(ほごセンターに保護(ほごされていた最後(さいごの1羽が2003年に死亡(しぼうして,絶滅(ぜつめつした。しかし1999年1月に中国からおくられたつがいが産卵(さんらんし,待望(たいぼうのひなが誕生(たんじょう優優(ユウユウと名づけられた。以降(いこう,次々とひなが誕生(たんじょうしており,野生復帰(ふっき(こころみられている。(鳥類(ちょうるい ペリカン(もく トキ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP