メニュー閉じる

*とくがわよしのぶ【徳川慶喜】

(1837〜1913)江戸幕府(えどばくふの第15代将軍(しょうぐん水戸(みと茨城(いばらき県)藩主徳川斉昭(はんしゅとくがわなりあきの子で,一橋(ひとつばし家をつぎ,1862年の幕政改革(ばくせいかいかく将軍家茂(しょうぐんいえもち後見職(こうけんしょくとなった。家茂(いえもちの死後,将軍職(しょうぐんしょくをつぎ(1866年),フランスの援助(えんじょ幕政改革(ばくせいかいかくをはかったが時期すでにおそく,翌年(よくねん10月,朝廷(ちょうてい政権(せいけんを返上した(大政奉還(たいせいほうかん)。鳥羽(とば伏見(ふしみ(たたかいにやぶれると,江戸(えどににげ帰り,寛永寺(かんえいじに入って謹慎(きんしん(身をつつしむこと)。江戸城(えどじょう政府軍(せいふぐんに明けわたしたあと,水戸(みとついで静岡(しずおか隠退(いんたいしたが,のちに(つみをゆるされて,1902(明治(めいじ37)年に公爵(こうしゃく華族(かぞく最高位(さいこうい)となった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP