メニュー閉じる

とくしよろん【読史世論】

新井白石(あらいはくせきが書いた歴史(れきし書。3(かん。1712年,第6代将軍徳川家宣(しょうぐんとくがわいえのぶに日本(講義(こうぎするために書いたもの。藤原氏(ふじわらし摂関政治(せっかんせいじから貴族(きぞく政治(せいじは9(へんして武家政治(ぶけせいじとなり,武家政治(ぶけせいじが5(へんして江戸幕府(えどばくふにいたったとする。発展段階(はってんだんかいによって歴史(れきしの時代区分を行う異色(いしょくの書だが,徳川氏(とくがわし弁護(べんごする傾向(けいこうがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP