メニュー閉じる

とくだしゅうせい【徳田秋声】

(1871〜1943)明治(めいじ・大正・昭和時代の小説(しょうせつ家。石川(いしかわ県に生まれる。尾崎紅葉(おざきこうようの弟子になって小説(しょうせつ修業(しゅぎょう。1908(明治(めいじ41)年に『新世帯(あらじょたい』を発表して,自然主義(しぜんしゅぎ文学を代表する作家としての地歩をきずいた。その後も実際(じっさいの生活をありのままに書くという自然主義(しぜんしゅぎの立場に立ち,『(かび』『(ただれ』『あらくれ』などの名作をのこした。とくに1941(昭和16)年に発表した『縮図(しゅくず』は軍部(ぐんぶ圧迫(あっぱく未完(みかんに終わったが,自然主義(しぜんしゅぎ文学の完成(かんせい(しめす作品といわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP