メニュー閉じる

とくとみそほう【徳富蘇峰】

(1863〜1957)明治(めいじ・大正・昭和時代の評論(ひょうろん家・ジャーナリスト。熊本(くまもと県生まれ。本名は猪一郎(いいちろう小説(しょうせつ徳冨蘆花(とくとみろかの兄。1887(明治20)年,民友(みんゆう社を設立(せつりつ総合雑誌(そうごうざっし国民之友(こくみんのとも』を発行,政府(せいふ欧化主義(おうかしゅぎ批判(ひはんして平民主義(へいみんしゅぎをとなえる。日清戦争(にっしんせんそう前後から,皇室(こうしつ中心の国家主義(しゅぎに転向,人道主義(しゅぎに立つ弟と不和(ふわとなった。1943(昭和18)年文化勲章(くんしょうを受章するが,1946(昭和21)年,すべての公職(こうしょく退(しりぞくとともに返上した。主著(しゅちょに,1918(大正7)年から1962(昭和37)年まで刊行(かんこうしつづけた『近世(きんせい日本国民史(こくみんし』がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP