メニュー閉じる

どくりつぎょうせいほうじん【独立行政法人】

独立(どくりつした法人格(ほうじんかくをもつ,国公立の研究機関(きかんや病院,博物(はくぶつ館・美術(びじゅつ館,中央省庁(しょうちょう現業(げんぎょう部門のこと。1999(平成(へいせい11)年の中央行政機構改革(ぎょうせいきこうかいかく一環(いっかんとして各機関(かくきかん法人(ほうじん化が進められ,まず2001(平成(へいせい13)年4月から国立公文書館,産業技術総合(さんぎょうぎじゅつそうごう研究所など57の機関(きかん法人(ほうじんとして発足,2003年に財務省(ざいむしょう造幣(ぞうへい局と印刷(いんさつ局,2004年には国立病院・療養(りょうよう所,国立大学がそれぞれ独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじんとなった。また,2004年4月施行(しこうの地方独立行政法人法(どくりつぎょうせいほうじんほうにより地方自治体(じちたいでも公営企業(こうえいきぎょう・社会福祉(ふくし事業の法人(ほうじん化が進められている。独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじんには企業的(きぎょうてきな会計手法(しゅほう導入(どうにゅうされ,原則(げんそくとして企業監査(きぎょうかんさ人の監査(かんさを受ける。法人所得税(ほうじんしょとくぜい固定資産税(こていしさんぜい納税(のうぜい義務(ぎむづけられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP