メニュー閉じる

*ドストエフスキー(フョードル=)

(1821〜1881)ロシアの小説(しょうせつ家。モスクワの医者の家に生まれ,軍人(ぐんじんになったが,のち文学に転じた。1846年に『(まずしき人々』を発表してみとめられた。1848年ごろ,社会主義(しゅぎを研究する青年サークルに参加(さんか翌年(よくねんの春,なかまとともにとらえられ死刑(しけい宣告(せんこくされたが,ゆるされてシベリアに流された。獄中(ごくちゅうでの孤独(こどく絶望(ぜつぼうのなかで聖書(せいしょを読みふけり,しだいに革命的(かくめいてき思想からはなれていった。1864年発表の『地下生活者の手記』では,(ぜんも悪もどちらも人間の本性(ほんせいだとする考えを(しめした。その後,『(つみ(ばつ』『白痴(はくち』『悪霊(あくりょう』,未完(みかんの大作『カラマーゾフの兄弟』を発表した。◇人間のたましいの中に入って,その奥底(おくそこをつきつめたこれらの作品は,その後の世界文学に大きな影響(えいきょうをあたえた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP