メニュー閉じる

どせきりゅう【土石流】

大量(たいりょう土砂(どしゃや岩石が水分をふくんで斜面(しゃめん渓流(けいりゅうを流れ下る現象(げんしょう斜面(しゃめん表層(ひょうそう渓流(けいりゅうにたい(せきした土砂(どしゃなどが,集中豪雨(ごううや台風にともなう大雨によってすき間が水でみたされ,流動しやすくなるために生じる。

コーチ

 地震(じしん衝撃(しょうげきや火山の噴火(ふんかにともなって生じることもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP