メニュー閉じる

*どそう【土倉】

鎌倉(かまくら室町(むろまち時代の高利貸(こうりがし業者。「とくら」ともいう。質物(しちもつ保管(ほかんする倉庫(そうこをもっていたので,この名がある。ゆたかな名主(みょうしゅ問丸(といまる・酒屋のなかに土倉(どそうをかねる者が多かった。室町幕府(むろまちばくふ土倉(どそう(した(ぜい土倉役(どそうやく倉役(くらやくともいう)といい,室町幕府(むろまちばくふ重要(じゅうよう財源(ざいげんとなった。

コーチ

 民衆(みんしゅうにうらまれることが多く,しばしば土一揆(つちいっきのときに襲撃(しゅうげき対象(たいしょうとされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP